この記事は約 2 43 秒で読めます。

冠婚葬祭のマナーほどややこしく、煩わしいしきたりは他にありません。
まず第一に頭を悩ますのが、相手にとって失礼にあたらないかどうか、そしてそれらマナーの内からどれを適用するのかという難しさです。
経験の浅い若い世代にとっては、全くやっかいで自然に足が遠のく存在でしかありません。

しかし社会に出て家庭を持つと、必然的にお付き合いをしなければなりません。その中でも季節ごとの贈り物のマナーは、社会人としてなるべく早く身に着けておきたい必須科目です。

贈り物の代表は「お中元」と「お歳暮」ですが、ここでは1年を折り返した時点で表舞台に登場する「お中元」について分かり易く紹介しましょう。
これを最後まで読んで、お中元の基本的なマナーをマスターしてください。

お中元の由来と意味を考える

そもそもどうして1年に2度も、同じような物を同じようにやりとりするのでしょうか?
実はお中元とお歳暮には時期的な違いだけではなく、根本的な目的の違いがあったのです。
簡単に言うとお中元は半年を無事に過ごせたお祝いであり、お歳暮は新年を迎えるための準備的な色合いが強い風習なのです。

お中元の歴史は室町時代にまでさかのぼり、一般庶民に広まったのは江戸時代だとされています。当時の贈り物のランキング・トップはうどんやそうめん、考えれば何とも息の長い人気商品です。

それから数百年、現代のお中元事情は大きく様変わりしました。とりわけ商品ラインナップの豊富さは、余りにも多すぎて選ぶ段階で迷いに迷ってしまいます。
一体どんな贈り物を選んだらいいのか、贈った相手に喜ばれる贈り方なんてあるのでしょうか?

今年人気のお中元商品は?

そんな時に参考になるのが、三越・伊勢丹・高島屋などの老舗デパートや、ギフト・チェーンなどのお中元特集です。最近では5月の末から、早くも通販のお中元コーナーがスタートします。

選ぶ時間はたっぷり、でも膨大な商品数の中から絞り込むためには、その年の大まかな人気の傾向をつかんでおく必要もあるでしょう。

お中元を贈る時期について

お中元を贈るには、まず贈り先の地域性を把握しておきましょう。今やお中元シーズンは全国的に統一されているイメージがありますが、贈る時期にはある程度の幅で地域性が見られます。

相手の感覚から大幅にずれた時期に贈っては、失礼にあたる場合もあります。お中元を贈るシーズンについては、必要な予備知識として頭に入れておいた方がいいでしょう。

まごころをお届けするのがお中元

実際に商品を選んだら、後は表書きをしてお届けするだけ。本来は直接相手のお宅に届けるしきたりでしたが、今では宅配便が一般的なので、直送しても失礼にはあたりません。

贈る時期を考えて、商品を選んで贈るだけ。お中元は決して難しくない、こんなに簡単な事だったのです。
でも簡単だからこそ奥が深いとも言えます。適当に選んで贈った物は、相手にもこちらの気持ちがそっくり伝わってしまいます。
つまり贈り物はいつだって、贈り手の心を伝えるものなのです。そういう心遣いがちゃんと相手に伝わるのです。
お中元も贈り物の基本を忘れずに、相手がもらって喜ぶ物を贈ってください。

The following two tabs change content below.
お中元と一緒に心を贈る

お中元と一緒に心を贈る

お中元とは普段お世話になっていることへの感謝を込めて贈るものです。形式だけではなく相手の心に響く贈り物ができるようにお中元の贈り方からお中元を受け取ったときのお返しの方法についてまでを解説しているサイトです。